節分と写真ケーキのピクトケーキ

節分

2月3日は節分、そして4日は立春ですね。この頃になると寒さもあと少しと思いますね。

現在では、立春の前日のことを節分とよんでいますが、 節分という言葉は、

”季節が分かれるとき”という意味で1年に4回ありました。

 

節分の行事は、古くは中国から伝えられたものですが、

 

春を呼ぶ行事として日本にすっかり定着していますね。

現在でも豆まきを、鬼の面をかぶって家庭でもされているのでは、みんな自分の年の数だけ

豆を食べる(または歳の数+1を食べる)と1年病気にならないと言われています。

 setubun10_c

このとき鬼が出てくることが多く子ども達に怖いイメージを定着させていますが、

豆を蒔くことで豆の力により邪気を払い、福を呼び込むと考えたといわれています。

又、鰯の頭を焼いて、ヒイラギの枝に刺し、家の入り口に差す風習の残っている

地方もありますね。

 

これは鰯の頭の悪臭で、邪気が家に入るのを防ぐそうです。

恵方巻

また、それよりも、何よりも一代イベントになっているのが、巻き寿司の恵方を向いての

丸かじりですね、スーパーに並んだまき寿司を買って帰ったり、手作りして食べますね。

 

鬼のイメージが強い節分行事を、家庭で行うときに、子どもの頃の良き思い出になるように、

豆まきが終わり、すがすがしい気持ちで、一家だんらんの集いを巻き寿司の丸かじりと

ピクトケーキをいただくことにして、新しい年の福善を願うのはいかがでしょうか。

節分の頃は、季節的にも寒さが厳しく華やぐことの少ない時期ですね。

クリックオンケーキ

節分の行事によせてクリックオンケーキと一緒に楽しみをつくってみてはいかがですか?

クリックオンケーキ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ